アイルランドの想い出/カネマラ

俺にアイリッシュをくれです。ハイランドパーク、タリスカーからのアイリッシュに浮気してみました。

スコッチの聖地スコットランドには行った事がありませんが、アイルランドには行ったことがあり、こちらの方が馴染みがあります。酒のイロハも知らずにギネス工場などに行って出来立てのギネスをいただいたり、夜な夜なパブにも繰り出しました。

もうかなり昔の話ですが、本場はパイントで飲むのが主流で、何もわからない自分でもギネスの濃厚さ、クリーミーさは印象に残っており、日本で飲むそれとは別物です。本場はバーではなくパブなのかな、サッカーやビリヤードを観戦しながら飲む店が多く、賑わってくるとダンスパーティーがはじまったりしてました。

そんなアイルランドの想い出ポロポロ・・・

香るだけだとスコッチとそん色ありませんが、飲むと牧草、いや薬草感がし、やっぱり別物だとわかります。カネマラはアイリッシュピートを使っているそうで、その個性がスコッチとは異なります。アイラピートとは全然違い、薬草感といっても病院系のそれではありません。

慣れてないので、イマイチな感じでしたが、飲み口、余韻ともにスコッチ同様気持ちのいいものでした。

アイルランドにもアラン島があり、全土が岩だらけで産業は羊毛のセーターしかないようなところです。ずっとそこがアランの島だとおもっていて、あんなところでウィスキーが作られているなんてと勘違いしていました。ピートだけはふんだんにありそうな島でしたが・・・そんな島でもパブはあり、お決まりのダンスパーティー。

そんな、アイルランドを懐かしみながら飲む「カネマラ」はその余韻も手伝って、懐かしく優しい味わいなのでした。

そして、最後にアバフェルディでフィニシュしましたが、やっぱアバフェルディ美味いな、コスパ最高。

[st-card id=870 ]
著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません