俺の名前はキルホーマン

俺はこのサイトの主じゃない。ただの客だ。バーボンをこよなく愛す。

なのに、なんだ、この店は、スコッチだらけじゃないか?

バーボンよりもスコッチを語るマスターの笑顔が憎い。

仕方なく種類豊富なスコッチをチビチビたしなんでみると

「アードベック?なんじゃこらぁ、重篤患者のいる病院みたいな味じゃないか」
「ラフロイグ?これまた病院じゃ、正露丸かハイターか・・・」

でも待てよ、慣れてくるとこっちの病院には美人ナースが出てきそうな気品が・・・

そんな感じでまだ好きかというと微妙だが、妙に気になる、クセになる女だな、スコッチって奴は。
嗜好はどっぷり男向けでこれを好む女は貴重だとおもうけど・・・

「ピート?ふむふむ、でもそれはきっとただの泥ですな・・・」

 

などなど、多すぎて、深すぎて、理解できないスコッチワールドですが
そんな中で、ええやないか~な一品を見つけました。

 

それがキルホーマン

 

———————————-
創業2005年。アイラ島に124年ぶりに誕生した蒸溜所。
スコットランド最西のキルホーマン蒸溜所は19世紀のアイラ島では一般的であったファームディスティラリー(農場蒸溜所)で、使用するモルトの一部を自社の畑で栽培しています。使用するピートももちろんアイラ島産でフェノール値は50ppmと非常にピーティです。蒸溜器は初溜2700L、再溜1500Lと非常に小さく、年間生産量はわずか9万Lほどです。2009年にシングルモルトが初めてリリースされました。
———————————-

ふーん、歴史を重んじるスコッチにあって、新進気鋭のブランドなんだなぁ。
創業者は変態か?

が、味は極めてニュートラルでクセもなく旨い、深い気がする。
これを自分の中のスコッチのベースにしてみようかとおもえるほどになりました。

 

といっても、まだ4種くらいしか飲んでないので
新進気鋭といっても種類がたくさんあって追いつきません。
というか、置いてる店も少ないです。

 

おーい、全部といわずとも、色々飲める店があったら諭吉さん出しても飲み比べしてみたいですよ、キルホーマン。

これから時間をかけて、付き合ってみましょか・・・

キルホーマン

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません