3年目の浮気/グレンドロナック カスクストレングス BATH 4

グレンドロナックの回し者ではないといいながら、バーに行くとこれかベンリアックは飲んでおきたくなる。ドロナック12年の裏に隠れていたこれを見つけ、迷わずいただきました。

[st-card id=679 ]

シェリーじゃないけどベンリアックのカスクストレングスは最高でした。超オススメです。

さてドロナック、こいつの前にグレンバーギーを飲んだせいか、香りが全くしない。あれ!あれれ!きっとグレンバーギーがフローラルすぎたからその余韻に鼻がおかしくなっているのでしょう。ウィスキーコニサーのマスターもテイスティングでは鼻の感覚が麻痺するので、飲んだら必死に自分の汗や体臭を嗅いで、鼻の感覚をリセットしてから次の酒を嗅ぐというような話をしていたので、自分も恥じらいなく腕や脇の匂いを嗅いでから改めてドロナックを香りました。

そういえば、グレンドロナックはこういう感じかな、シェリーといえど、ビターチョコやレーズン、オークの焦げみたいな個性が際立っているので、香りが華やかというより内側に籠っている感じなのだ。フルーティーとかフローラルとは全く違う、コーギーな香り(←私の造語、焦げっぽいという意味)なのだ。

それがだんだん感じられたので飲んでみると、あれ、カスクストレングスなのに軽いかな、ズシンとした飲みごたえをあまり感じない。4杯目くらいでかなり酔ってるから感覚が狂っているのかな?最近色々なドロナックを飲みすぎたせいかな?

と、香りも味もやや控えめに感じ、そっかぁ、ベンリアックの圧勝やな、ドロナックはなんでもかんでも似たり寄ったりシェリーすぎるなぁとチビチビ飲んでいますと、おぉ、後からジワジワと旨味がやってきて、広がりと刺激が残るようになってきました。

やっぱり、カスクストレングスの良さはこれだな、広がりと余韻がすごい。
なじんでくると安定のドロナック、やっぱり好きや、美味いなぁ

となるのでした。

もうバカ丸出しなので書きませんが、3年目の浮気の歌詞みたいな感想です。
浮気もしたけどお前が一番的な気持ちにさせてくれます。

ウィスキーだけの話です。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません