少女が女になる時/グレンドロナック 2003 11年 for WHISKY LIVE

また下品な例えをしてしまいました。ドロナックの連投、これも熟女とはいえませんが、高そうな茶色いボディをしております。

オロロソシェリーパンチョンの樽で11年熟成し、カスクストレングスでボトリングしたものだそうです。マスターいわく市場に出るものではなく、何かのメンバーだけに配られたものだそうで、樽ごと買ってきて日本でボトリングされた日本限定だかのものとか・・・マスターがそのメンバーだという訳ではなく、廻りモノらしいですが・・・

はい、これは11年ながら(ほぼ12年らしい)かなりドロナックらしいシェリー感満載の品で、レーズンやブドウの効いた樽のニュアンスを強く感じるものでした。ここのは変な苦みとかクセがなくて本当に芳醇で品格あるシェリーカスクに仕上げてきます。

なんとなく、長熟ものに感じるどっしり感はなくすこしやんちゃな感じもしましたが、これくらい美味ければもう十分でございます。

少女が女になる時・・・とでも申しましょうか、一番ドキドキ、ワクワクする瞬間のいいとこどりかもしれず、少し無理して背伸びしてる感じもしたり、美味しゅうございました。

といってもかなりの限定品だとおもうので、滅多に飲めるシロモノじゃなさそうですが・・・
11年ってあまり聞いたことないんで忘れない思い出となりそうです。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません