攻略至難の女/スプリングバンク 15年 旧ボトル

大好きなスプリングバンクですが、オフィシャル含めてほとんど手に入りません。しかも高いです。新旧ラベルによって味の印象も違い、あまりいい印象じゃないものだけが売れ残っている気がします。

これは2つ前のオフィシャルです。
新ラベルの15年にいい印象がなかったのですが、こちらは旧ラベルである事と酒の残量もかなり減った影響で、かなりまろやかに、落ち着いた味わいになっておりました。新ラベルの15年はオフフレーバーというのでしょうか?まるでシェリーを感じませんでしたが、がっつりシェリーだったんですね。味覚音痴だなぁ。少し錆のような臭みを感じ、新ラベルでは10年の方が抜群でした。

しかし、これが売ってないったりゃありゃしない。
オークションでは既に高値です。
現行オフィシャルスタンダードがこれじゃぁ手が出ません。

こちらの旧ボトルを飲んではじめて本来の15年のコンセプトが感じられたような気がします。しかしシェリーが効きすぎか、時間の変化か、キャンベルタウンらしさ、スプリングらしい塩っぽさまで薄れているような気がし、ライトなハイランドモルトのようです。15年にしてはライトボディでした。

新旧ボトルで全く印象が違うし
人気で手に入りにくいしで

本当に、自分の定番を確立しにくいのがシングルモルト、その中でも特にスプリングバンクです。

この女は気まぐれで移り気で、簡単には落とせませんぞ。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません