ワイルドだけど優しいヘビ/ブラックアダー レッドスネーク カロニラム カスクフィニッシュ

横浜は吉野町にある最果て店主のお店でいただいた一品。目白「田中屋」初体験記念で購入したという気になる一品だ。

相変わらず、怖いよ、強そうだよ、ヘビーメタルだよな名前ですが、ブラックアダーって何よ?

ブラックアダーは1995年にザ・モルトウイスキーファイルの著者であるジョン・レイモンドとロビン・トゥチェクが創業したウイスキー専門のボトラーです。その製品は創業当初から全て氷点下フィルターを使わず、カラメル着色も行わずにボトリングされ、ボトリング工程で失われる量は1%未満。これはスコットランドでも例外的な低さであり、樽の中の状態に極めて近いものであることを示しています。現在スコットランド、スウェーデンにオフィスを持ち、英国国内はもとよりヨーロッパ各国、アメリカ日本に出荷され好評を得ています。

RAW CASK シリーズ
ロゥ・カスクの発想は単純でユニークです。樽の中身をオリ(沈殿物)もいっしょにそのままボトリングしました。もちろん、今までと同じく氷点下フィルターもカラメル着色もしておらず全てカスク・ストレングスです。除去しているのは樽由来の大きな木片だけボトリング工程で失われる量はなんと0.5%未満です。シンプルにして究極、樽をご自宅に持ち込むほか、これ以上はないもっともピュアなウイスキーです。

本当だ、瓶底に木片らしきものが沈殿しています。

コンセプト通り、60度近くもあるシングルカスクなので、口当たりは強烈です。あーこれ飲んだら酔っぱらうという予感がします。勇気を出して飲み干すと、あれ、超甘い、まろやか、予想してたのと違う・・・という飲みやすさにまとめてくれます。

これは、ラムカスクでフィニッシュをかけているからでしょう。

このカロニラムは、トリニダード・トバゴ共和国にあるカロニ蒸溜所でつくられていたもの。残念ながら、現在は閉鎖されている蒸溜所です。

とのこと、こういう力強くてアルコール度数の高いものをいただくと次に何飲むか迷ってしまうが、明らかにガツンといいものを飲んだ気がしそれで満足してしまいます。ラムはわかったが、モルトは何を使っているのかは全く不明、非公開だそうです。この力強さからしてアイラかなぁ。わかんねぇす・・・

グイっと一気に飲み干すのもイキですが
チビチビ、舐めるように長く、この力強さと甘さをじっくり味わう方がよか~とおもいました。

個性あるボトラーでございました。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません