消えそうに燃えそうな/ラガヴーリン 1999-2015 オフィシャル “ディスティラーズエディション” バッチナンバー lgv.4/504

近所に素敵なお店がありました。
ネットでは出てこないお店でした。

「ウィスキーがお好きならウチより全然いい店ありますよ~」

みなさん、正直で親切です。

店内は丁度いい広さ(狭さ・・・狭い方が落ち着く)で、訪問したら好きなエリック・クラプトンの「River Of Tears」が流れておりました。

おー、雰囲気も、音楽までバッチリだ、これは運命かもしれん。

はじめてなので、ゆっくり少しだけにするつもりが、結果飲みすぎてしまいました。
諭吉さんギリギリくらいやってしまいました。
たぶん、酔ってチャランポランになったので、私の第一印象は最悪でしょう。

ああ、やっちまった。

ここは横浜の最果てバーと同じくらいの価格です。
千葉の最果てか・・・
安い。オールドボトルでもその当時の値段でやってる・・・

移り変わりが激しいので、モルトはメニューにないものもたくさんありますよというのが普通ですが、ここは、最初のページに新入荷情報があり、その後は8割くらいのメニューがしっかり書いてあります。なので、モルトだけで6ページくらいありました。解説も書いてあります。

なくなって再入荷が出来ないものには赤線が。
赤線には、今や幻のローズバンクなんかもありました。割と手ごろな値段です。

かなり、気に入ってしまったので、ガンガン飲んで翌日後悔する羽目になりますが、今のうちに書ける、印象に残ったものを残しておこうとおもいます。

ラガヴーリン 1999-2015 オフィシャル “ディスティラーズエディション” バッチナンバー lgv.4/504

この日(7杯くらい飲んだ)のMVPはこれです。

ラガブーリンは前に書いたようにスタンダードの16年で十分美味しいです。

[st-card id=443 ]

旧ユナイテッド・ディスティラーズ社傘下のシングルモルトをシェリー樽で追加熟成させるダブルマチュアドにスポットを当てたシリーズ「ディスティラーズ・エディション」のひとつです。アイラフリークに根強い人気を誇るラガヴーリン16年を、ペドロヒメネス・シェリーカスクで追加熟成させました。2015年にボトリングされた1999年ヴィンテージ、バッチナンバーlgv.4/504

ただでさえ、美女の気品ある甘さ、余韻を残すものにこういう追加をするんだから内容はご想像にお任せします。

もう、あれですよ、あれ、

今以上 それ以上 愛されるのに
あなたはただ恥らうより てだてがなくて
あの消えそうに燃えそうなワインレッドの
心をまだもてあましているのさ この夜も

このお店は自分の理想にかなり近く、ホレてしまいましたが、モルトバーじゃなくダイニングバーを売りにしているので、料理メニューも半端なくて、店主がほとんど厨房にいるのがちょっと寂しかったです。

アードベックの見た事もない貴重なボトルもいただきましたが
(今だと3万以上するらしい)

やっぱり自分は女々しいと言われようとラガヴーリンが好きだ。

また、色々と書けそうです。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません