いつも美女と共に/ラガヴーリン16年(LAGAVULIN)

マニアックな、もう手に入らないシングルモルトの話ばかりしていても、買えないし飲めないし・・・あの味どんなだっけ?たしかおいしかったよなぁでは悲しいし、どんなに美味しくても高すぎるお酒はクレイジーです。

ショット1000円
買って10000円

がひとつの上限かもしれません。自分の中では。

こんな記事を書いたのは、すごく高くて珍しいボトラーのモルトを飲んで、写真も撮ったのでそれを書こうとおもったんだけど、肝心の味や香りの印象を忘れちゃったからです。つまり、ネタにはなるが、印象に残ってないから書けない、みんなに美味しいよ、こんな印象だから飲んでみてってオススメできるものじゃなかったって事。

なので、現行のスタンダードで至極のものを・・・

ラガヴーリン16年(LAGAVULIN)

ラガヴーリン16年(LAGAVULIN)

燻製居酒屋なるものがあり、燻製にはモルトが合うという事で現行スタンダードが500円~飲めるお店の最高級品がこれであった。といっても750円。

アイリーク500円
ラフロイグ600円
ボウモア600円
アードベック600円
グレンリベット550円

とかナイスなお店です。

時々無性にラフロイグやアードベックを飲みたくなる時はあるが、そんなにアイラ好きではないかもしれない。

なぜなら

ビッグピートとかピートモンスターとかピーツビーストがそんなに好きじゃないから。
けれど、カリラやキルホーマンの中には旨いのがあるけど・・・

そんな中でラガヴーリン

これがやっぱり一番かもしれません。

飲んですぐ、アイラだなぁとわかります。
いわゆる病院、スモーキー&ピーティーはしっかり感じつつ、その後、鈴木京香が通り過ぎていきます。

すいません、鈴木京香とは貴殿が好きな気品ある女性という意味です。

この最後に上品な甘さと香りをドン!と残してくれるのが私の中のラガブーリンです。
その他のアイラモルトの多くは、ドボンとピート泥炭の湖に置き去りにされた感じがするもんなぁ。

やはり、スタンダード銘柄が16年ものというのがラガブーリンの特徴で、だから他のモルトより滑らかで甘味を感じるのだろう。香りもGood。

現行スタンダードといってもお安い部類ではないですが、これさえあれば、どこでも安心、いつでも飲める。相当ハイレベルで、万単位するボトラーや限定品に全然負けない素晴らしい出来栄えだとおもいます。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません