シェリーだけが甘さじゃない ジェームス・マッカーサー社 オールドマスターズ ベンリアック22年(1991-2014)

だいぶ間が空いてしまいましたが、、、

以前の「カサブランカ 片野酒類販売」さんの続きですー。

 

言わずもがな、どシェリー系のマッカランを呑んだ後だったので

バーボンカスク系が飲みたくなり

お願いして出てきたのが

ジェームス・マッカーサー社 オールドマスターズ ベンリアック22年

 

イヤー、これもうまかった

 

正直、バーボンカスクという事で

キーの高いシトラス系の香りを想像してたんですが。

 

こんなトロッとした甘さが出るのもあるんですねー!

シェリーにありがちな、レーズンの様な熟した果実の香りとも違う

 

もっと濃いメープル感とでもいうんでしょうか?

それと、メロンの様な深く味わいが広がる甘さもあり

香りももちろん素晴らしいものでしたが

口いっぱいに広がる旨味がなんといっても印象に残ってます。

 

シェリーカスクの甘さと香りは

初心者にも大変馴染みやすいものであり

尚且つ、ウイスキーにある悪い先入観を取っ払うには

すごく良い印象を与えるタイプですが

 

こういう形のバーボンフルーツの香りと味わいも

ウイスキーを呑まない人の概念をぶち壊せるものだと思います。

 

是非皆さんもお試し下さい。

 

ちなみに、ボトル背景に写ってるのは

従業員の高橋さんです。笑

 

勝手に載せて怒られたらどうするべか、、、( ̄◇ ̄;)

 

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません