アラン スマグラー

禁断の書/アラン スマグラー ザ ハイ シーズ

TVも新聞も読まず、ボクシングだけ見て明けちゃったようですが、おめでとうございます。
イップマンです。

本日から、初モルト詣ででありました。

他の客は40過ぎたら毎年胃カメラなどと言う変な話題で盛り上がっておりましたが
人生かれこれ20年以上健康診断した事もございません。
これが悲しきフリーランスです。
身体の異変は猫のように自分で察知します。

こんな話はいいとして、昨年より気になっていたブツをたしなんできました。

アラン スマグラー ザ ハイ シーズ

アラン スマグラー

「スマグラー」シリーズは蒸溜所のあるアラン島がかつて密造ウイスキーの一大生産地だったことになぞらえて誕生した3部完結のシリーズで、年1回のみリリースされます。パッケージもボトルが隠せるように洋書の中を切り抜いたユニークなデザインです。蒸溜所マネージャーのジェームズ・マクタガートがラムカスク、ノンピートバーボンバレル、ヘビリーピーテッドの3つの異なるタイプの原酒を選りすぐり、カスクストレングスでボトリング。世界で8,700本の限定リリースです。

エクサイズマンというのもあったんだけど昨年末に空いちゃったそうです。

企画ものの限定品なので、そこまで期待していなかったのですが
飲めるうちに飲んでおきたい。
そして、これが、強烈に素晴らしいシロモノでした。

香りも味も、一言では言い表せません。フワーっと広がりますが、こんな香りだよと言い表せません、いろんな風味がします。男性的でも女性的でもあり、ライトでもヘビーでもあり、いいとこづくしのようなとても豊かでバラエティーある広がり。

そして味も全く同じで、色んな味がするんです。
シングルモルトのメリーゴーランドやぁ~。
一杯で色んな風味を感じたいという不可能を可能にしている感じです。

こんなのはじめての感覚。
最初にして久々の一杯だからそう感じるのかと他も数杯飲みましたが、
やっぱりその印象は変わりません。

これは手に入るなら大事にチビチビやりたい系です。
特徴をまとめる事はできないとおもいます。

カスクストレングスなのに色んな風味を感じるって一体どんなマジックよ?

密造酒時代のオマージュという事で、ラベルはもちろん、箱がかっこいいです。
古書をモチーフに酒瓶を隠したようなデザインになっています。

こいつは、最果て店主も欲しいだろうな。
でもすぐ開栓して空けてしまうんだろうな。

コンセプトだけでなく、
どえりゃぁ旨い、いいモルトでした。
本日3杯のMVP(全部アラン)でした。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません