Not Anymore/スプリングバンク9年マルサラカスク

2連投で同じスコッチになるけれど、忘れぬうちに書き留めておかねば・・・
品揃えで横浜随一の信濃屋でも、ネットでも手に入らない・・・
そんな一本が庶民の町酒屋に隠れていたそうな~

ずっと気になっていたけどこんな場所に名酒があるわけがない
あったとしても保存状態とか大丈夫なんけ?
君はいつからそこにいたのか?

けれどついに購入を決意して惜しげもなくいただかせていただきました。

最近飲んだ、スプリングバンクの15年というのが、自分の好みではなかったので、さほど期待はしてませんでしたが、こちらの方がラベルも琥珀に輝く液体の艶も、いい雰囲気はしています。

まず、香りはかなり濃く、深く、シングルモルトらしさ全開の超優等生なもの。キングオブキングスで文句なしです。純度が高いと言ったらいいのか、クリアな感じがしました。

そして味・・・

例によってリンゴやハチミツとかバニラがどうこうという表現は全くできんし感じもせんが

なんと表現したらいいのかな

大好き!!

である。力強いけど優しく、複雑じゃなく繊細、個性的じゃなく王道なのだ。

たぶんこれは、マラドーナじゃなくてベッケンバウアーだ。
マー君じゃなくて浅尾のストレートだ。
マイク・タイソンじゃなくてホリフィールドなのだ。

優しくて繊細なのに160キロ、じゃなくてシングルカスクだから50度以上もあるようだけど
度数を感じさせません。

たしかにおいしいけど○○だよね
イイ感じだけど○○に似てるよね

ついつい「けど」といいがちになってしまうのが巷の大人のクセだが

これだけは、一点の曇りもなく、ケチのつけようもないシロモノでした。
全くもって旨いんで、しばらく声が出ませんでした。
マジかよ、ウメェじゃねえかよ・・・何もいえねぇ・・・

たぶん、今まで飲んだスコッチの中でトップクラスです。

また日を改めて飲んだら印象が変わるかもしれませんが、その日、その時そう感じたんだから書き残しておきます。

常々、自分が一番好きな味を見つけたら、もうそれでいい、スコッチの旅も終わりであると考えているが、店主はじめ、他の客は飽くなき探求心に溢れている。

ぶっちゃけ、オイラ、もうこれで満足だからこっそり買って家飲みしようと企みましたが、ネットで探しても完売、終売ばかりで手に入りませぬ。
在庫がありさえすれば、そこまで高い酒でもないのがまた素晴らしいですが、とにかく無い・・・

店主は相変わらず、この酒も女に例え、一晩中抱いて眠りたいなどとニヤけておりましたが、
その飽くなき探求心はつまり、永遠に理想の女を追い続けるという意味になるので、
こりゃ結婚できないな。

オイラ、これでもう満足だから家に持ち帰りたい、もう浮気しない・・・
オイラの方が健全である。

久々にショッキングだったもんだから、次の一杯はデュワーズにして
あまりの品格の違いを再確認する始末でした。

順序が逆になりましたが、最初の数杯は大衆酒を飲んでからのシングルモルトという飲み方は、ビートきよしとたけしくらいの違いを堪能できるのでいいかもしれません。

最後に知識を

小さな漁港の町、キャンベルタウンに所在するスプリングバンク蒸留所。
100年以上前にはウイスキーの街として栄えましたが、今ではスプリングバンクを含め3つの蒸留所しか残っていない。
(グレンガイル・グレンスコシア・スプリングバンク)

そんなスプリングバンクの「ウッドエクスプレッションシリーズ」のうちの一本。
ウッドエクスプレッションシリーズは、熟成に使用する樽にこだわり、樽の違いによる味の変化を楽しむために作られます。

「マルサラウッド」とは、イタリア南部のシチリア島で作られる「マルサラワイン」が詰められていた樽のこと。
マルサラワインはわかりやすく言えば、スペインで言うところのシェリーの仲間。

だそうです。

オイラ、もうこれでいい感じですが

ウッドエクスプレッションシリーズ

気になるじゃん・・・

皆さんも是非飲んでみてください、いや、飲み比べてみてください。

イップマンでした。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません