グレチキと言うなかれ、グレンキンチー12年

グレートチキンパワーズじゃないからね。
古っ、ファンでもなんでもありません。

グレートチキンパワーズ

どうしても、そう読んでしまいそうなややこしい名前だというだけ・・・

グレンキンチー12年

好みだけだとアイラばかりになりそうだし、アイラ以外は味の区別もつかないので、安く飲める店ではなるべく色々飲んでみようとチャレンジしてみました。名前だけは知っていたしね。

けれどやっぱり、香りはただの理科室

「ただのアルコール臭ですよ」

とつっこまれましたが、私には理科室なのだ。

あまり期待できない、というか区別できない味だろうなぁと飲んでみると

上品じゃないですか~
優しいじゃないですか~

これが、軽快でドライなモルトというやつですな。

知識としては一応

ローランドモルト。エジンバラの東南約20kmに位置する蒸留所でつくられ、「エジンバラモルト」とも呼ばれる。名称の「キンチー」は、14世紀頃に一帯を支配していたノルマン貴族のド・クィンシー一族に由来するとの説がある。

ヘイグ
ディンプル
ジョニー・ウォーカー

のキーモルトとして使われているもので

ローランドモルトを代表する蒸留所だそうです。
軟水が多い中、硬水の仕込み水を使っているそうです。

ローランドとはつまりスコットランドの主要エリアなので、エジンバラの都会周辺でこれに巡り合えるわけだな。
悪酔いせず何杯でもスカッと爽やかに飲めそうな、ナイスな印象のグレチキじゃなくてグレキチでした。

個性が弱いという人はいても、嫌いという人はいないんじゃないかな。

イップマンでした。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません