雑記 スペイサイド ブレンデッド&ボトラー

好感度高めな女/ケイデンヘッド ダルユーイン 10年

投稿日:

ダルユーインを書くのは、いや、飲むのはいつぶりだろうとおもったら書いてないやんけ。
これはクラシックモルトシリーズ花と動物シリーズで飲んだ記憶がある。
そして色々なブレンデッドでもダルユーインがね・・・という話を聞いた記憶も・・・

もう忘れた。

大好きな、憧れの、ケイデンヘッド、カスクストレングスボトルなので緊張しますが10年なのね。
最近は熟成の若いものも増えました。

ラガブーリンの次に飲んだのでやはり柔らかでフルーティーなスぺイサイド、でも結構しっかりしてるねとは当たり前のカスクストレングスなのだ。

ダルユーインをピタリと当てることができるならウィスキーコニサーじゃんと言いたいです。

柔らかでふくよかで極めて女性的ですが、麦や樽の風味もふんだんに感じ取れる、ソフトでクリーミー。

バーボンかヴァージンオークかあまりカスクの個性は感じない。

うっとりしてしまう出来のいい10年、20年と言われてもわかりません。

結局度数が髙けりゃわからないのか・・・

いやそうではありません。飲んでみればわかります。
よく馴染み、まろやかに落ち着いているのです。長熟のように。

しかしだ、旨いんだけど個性を拾いにくい。あれなんだったっけなぁで終わりそう、それがダルユーインの宿命なのかな。

これは苦手、嫌いな人はいない、万人受けする、でも突き抜けていない優等生です。

<テイスティングノート>
香り:蜂蜜、ローストピーナッツ、ブラウンシュガー、カスタードプリン
味:キャラメル、オールスパイス、ココナッツ、バタースコッチ、コーヒー豆、バナナ、キウイ、芝生

ダルユーインはマレー、キャロンの東に位置する蒸溜所で、スペイサイドに分類されています。ダルユーインはゲール語で「緑の牧草地」という意味で、設立は1852年。
ウイリアム・マッケンジーが設立し、65年に同氏の死後にジェイムズ・フレミングに蒸留所はリースされます。
そして、1879年にウイリアムの息子、トーマス・マッケンジーがフレミングと共にマッケンジー&Coを設立して、蒸留所の共同経営をはじめました。
その後、有名な蒸留所設計者のチャールズ・ドイグによって近代化。スコットランドではじめてのパゴダ屋根を採用します。

その後、1898年にタリスカー、インペリアルと合併して、ダルユーイン・タリスカー・ディスティラーズになります。
ダルユーイン・タリスカー・ディスティラーズはジョン・ウォーカー・アンド・サンズ、デュワーズ、DLCと組織したコンソーシアムに買収され、翌年には火災が発生。パゴダ屋根を失って生産停止となります。
1920年に生産再開し、その後も所有者が移りながら、1959年に再度の火災に見舞われ、60年には蒸留所を改築してスティル2基を増設。
2012年に蒸留所設備を拡張し、さらに生産を増強しています。

ダルユーインは長らくジョニー・ウォーカーの原酒として使われていたため、1991年に「花と動物」シリーズの一つとして初のオフィシャルボトルを発売するまで、オフィシャルボトルは出ていませんでした。
そのため、知名度は低いのですが、実力ではビッグネームにも引けを取らない存在です。
ふくよかで力強いフレーバーが持ち味で、シェリー樽の熟成と相性が良いのもダルユーインの美点です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
イップマン

イップマン

ある店の店主と客に書いてもらうはずのブログでしたが、諸事情あり今は客であった自分の備忘録となる。俺のスコッチを飲みに来てくれ!

感動の美酒

1

みなさんボトラーズをどうお考えですか?とても貴重な樽、長期熟成でも比較的廉価で、オフィシャルじゃ買えない素晴らしいラインナップで、独自のアレンジもあったりして、とてもうれしいありがたい存在なんですが、 ...

2

このシリーズは通常ヨーロッパ内のみの販売でカスクストレングス、無着色、ノンフィルターのそのままの味わいが楽しめるシリーズ。そしてアイラの人気蒸留所「ブルイックラディ」の22年物 この記事が気に入ったら ...

3

皆が大好きな著名な蒸留所の長熟系はクソ高いけれど、そうじゃないところであればわりとお手頃。ライバルも少ないよとは、どっかで書いた気がするが・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイ ...

4

「中庸」という言葉を知っていますか?私も最近教えてもらったのですが、意味としては「かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。」 この記事が気に入ったらいいね ! しようシ ...

5

アランばかり置いてる店で色々なアランを飲んできたが、少しお高いのと、20年オーバーは大体同じやろという気持ちがあり、今までスルーしてきましたが、もうそろそろ終わりそうだったので、なくなる前にいただいて ...

6

香港の27階にある魔境、b.a.r. Executive Barで最初にいただいたのがこちらです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow sc ...

7

ズバリこのシリーズを集めている。しかし旅は過酷。オークションで見かける機会もめっきり減った。ごくたまに出てくるが、許容範囲を超えて他者にポンと落札されてしまう。その値段では美味しくいただけない。 この ...

8

常連化しそうなバーでいただいた気になる一本、久しぶりに溜息・・・何も言えねぇ、無言に襲われる美酒でございました。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Fo ...

9

昨日最初の一杯がこれでした。最初にして今の自分の好みと100%マッチョ、マッチしていました。何の文句もありません。パーフェクトです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTw ...

10

名前は知ってても飲んだことない~がたくさんあるこの世界。今回は猫で有名なこれを飲んでみましたが、同じものがネットにないなぁ。旧ボトルだろうな。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイー ...

11

2連投で同じスコッチになるけれど、忘れぬうちに書き留めておかねば・・・ 品揃えで横浜随一の信濃屋でも、ネットでも手に入らない・・・ そんな一本が庶民の町酒屋に隠れていたそうな~ ずっと気になっていたけ ...

-雑記, スペイサイド, ブレンデッド&ボトラー

Copyright© 【俺にスコッチをくれ】ギブミースコッチ , 2019 All Rights Reserved.