アイラモルトの個性

ボウモアとマッカランの違いもわからんかったイップマンです。瓶が似てるやん。

色々ありすぎて自分の嗜好を決め切れないスコッチワールドですが、アイラモルト専門の店があるくらい、この島のスコッチはなんとなくわかるようになってきた。

一番わかりやすいのが

アードベック

ヘビーピート、ヘビーヨード、末期病棟なのだ。
美しい琥珀色した黄金の輝きをなぜか緑のボトルで隠しているのも超硬派。

アードベッグ・デーなるものも毎年あって、熱狂的ファンが世界中にいるようだ。
男っぽいけどブランディングセンスや味や個性は際立っている。

ラフロイグ

どう飲んでも上手いけど、のど乾いた時のソーダ割が気持ちいい。
同じくヘビーピート系なんだろうけど、こっちは純白のナースルームなのだ。

でもね、俺もそうだったけど、最初にアードベックやラフロイグからスコッチに入ると嫌いになるよと言われてます。それくらい「ザ・病院」です。

他にも個性的なアイラモルトばかりだが、飲んですぐわかる域ではない。
その中で最近、わかるぞーという感じなのが

ボウモアである。

12年のレギュラーはもちろん、個性豊かなどのボウモアを飲んでも

「塩っぽさと紙っぽさとしっかりとした飲み口」

を感じるんだよなぁ。

気のせいかな。

どの店行ってもこれがあればまぁ、スコッチの王道を味わうことができます。

本当にボウモアだけでも色んなのがあって、免税店用というリッター瓶のやつも十分旨かったけど
印象に残っているのはこの2つです。

あぁ、真面目な記事になっちゃいました。

入門者にはアイラモルトであれば、その個性がよーくわかるよ

という話でした。

著者について: givemesc1101
あなた自身について何か教えてください。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません