君が魅力的だからで候(そうろう)/アラン 21年 オフィシャル

アランのオフィシャルとしては最長、オフィシャル以外もそうじゃないかな、なものを昼間から贅沢にいただきました。世間はGWですが、逆の動きをする自分にとっては仕事の合間の息抜きです。

その後アブサンも飲んで、昼間からアブサン飲むんですか?と言われちゃいました。
アブサンというのもクセになりそうなお酒だな・・・

アランばかりのこのお店にいけば、アランばかりは色々飲めるが、最近多いプライベートカスクなんちゃらは高くて、これとの違いはシングルカスクじゃない、加水くらいなものなので、昼間からヘビーなのは辞めよう、少し安いしとおもってこれにしました。

やはり長期熟成だけあって、その風味は濃厚です。特に甘さが深く浸透しています。
麦感、樽感もアランらしさ満開で

[st-card id=376 ] [st-card id=641 ]

これらに負けないふくよかさを感じさせてくれますが、加水で度数控えめなので、グビグビ飲めてしまいます。やっぱ20年超えは文句なく、クセもなくうまかぁ~とあっという間に飲み干してしまいました。

アランに慣れているとアランならではの風味が最上級に凝縮されているにも関わらず、びんびん刺激してこずスーッと入ってしまうので、あっという間に飲み干してしまいます。これが、アラン 21年 オフィシャルの魔力でしょう。

いい女ほど、アレが早い

なんて下品な事は書けませんから、そのへん濁して書いときます。

21年にしちゃぁ、高くないよね、今となっては普通かな・・・

でもねぇ、やっぱり最近のモルトは高級すぎます。

増税に高級・・・

どうなってしまうのでしょうかね。
ブレンデッドに引っ越ししようかな。

アランモルト 21年は、シングルカスクを除くオフィシャルリリースの中で最長熟であり、世界で9000本限定、日本へは480本のみの入荷となります。
色はコッパーゴールド。グラスに注ぐとトフィー、蜂蜜、アプリコットジャムの濃厚な甘い香りが溢れ出てきます。後から、ローストしたクルミの香ばしさやラムレーズンの芳醇なアロマが現れます。口に含むと焼いた桃、洋ナシのコンポートの柔らかくフルーティな味わいがたっぷりと広がり、トフィークリームとアランらしい麦の甘みと混ざり合います。フィニッシュには長期熟成ならではのダークチョコレートやクローブにジンジャー、グレープフルーツのアクセントが長い余韻となって続きます。
遂にアラン蒸溜所よりひとつの節目となる21年熟成がリリースされます。熟成によりアランモルトの真価が見事に開花した1本です。是非この機会にお楽しみください。

色:コッパーゴールド
香り:トフィー、蜂蜜、アプリコットジャム、ローストしたクルミ、ラムレーズン
味:焼いた桃、洋ナシ、トフィークリーム、ダークチョコレート、クローブ、ジンジャー、グレープフルーツ

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません