ファッションと中毒な女/キルホーマン サナイグ

ありふれたオフィシャルスタンダードだけど、これに絞って書いたものはないとおもうので記録。キルホーマンの中ではマキャーベイに変わり一番のスタンダードに定着するのではないかと言われるほどの定番です。定番なのに紫とは珍しいですが。

今日、はっきりと自覚しました。度数が何であろうと、シングルモルトの中で一番酔っぱらうのはキルホーマンです。若くノリのいいアルコール刺激と磯の香のピートが効いて、一番ハートをビンビン刺激する。

昼間からTVのワイドショーを見ながら飲むキルホーマンは刺激が強くてアランの上をいきます。どんな独自製法をしているのか、アイラでもひときわ元気でクセがあって酔います。気のせいか・・・

ワイドショーでは今丁度ピエール瀧が保釈されたニュースでもちきりだったので、店主とかわした会話をタイトルに使わせていただきます。

この人はミュージシャンですか?

そうだけどパフォーマーという感じで歌や楽器ができる人ではない。
人柄がいいので友達に誘われただけでは?

この人は俳優ですか?

そうだけど大根役者だとおもう。見た目に貫禄はあるが、映画で見ると大根だ。
それはリリー・フ〇〇キーにも言える事。
芸能仲間に受けがいいのでは?

正直なんでこんなに悪者扱いされるんだろう。

20年以上もやって健康ならコカインは身体にはさほど悪くないという証明だ。
このサナイグはじめアルコールの方がよほど危険だ。

この時代のミュージシャン、芸能系、みなやってるよね。
そうだそうだ・・・

なんて無駄話をしてたので、こういうタイトルにしておきます。

ファッションと中毒な女

ミュージシャンにとってオクスリなどファッションなんだ。
日本みたいな緩い国で、そんなのやってる奴に限って大した音楽作ってない。
コピーもどきで酔いしれているだけ。

サナイグの方がよっぽど刺激ビリビリだ。

キルホーマン サナイグはキルホーマンの特徴がよく出ています。
アルコール刺激ビンビンで臭くて(磯の香り)
人によってはファッション、中毒になりそうです。

キルホーマン サナイグは、アイラ島のピートをたっぷりと炊き込んだフェノール値50ppmの麦芽を使用した、ヘビーピーテッドタイプのシングルモルトで、バーボンの特色を多くとらえたフラグシップの「マキヤーベイ」とは対照的に、オロロソシェリー樽の特徴を色濃く反映しています。
色は程よく赤みを帯びたビーチウッド。香りはオレンジマーマレード、塩キャラメル、ピート、焼きパイナップル、バニラ。味わいはなめらかなトフィー、チョコレート、カラメリゼしたオレンジピール、モルティな甘さの後に、キルホーマンらしいヘビーなピートスモークが広がります。

キルホーマンの新たな一面が楽しめる、シェリー樽の特徴を前面に押し出した新定番「サナイグ」。ぜひお楽しみください。

テイスティングコメント
色:ビーチウッド
香り:オレンジマーマレード、塩キャラメル、ピート、焼きパイナップル、バニラ
味:トフィー、チョコ、カラメリゼしたオレンジピール、モルティな甘さ、ピートスモーク

サナイグ:
「サナイグ(Sanaig)」とは、蒸溜所から北西に位置する岩の多い小さな入り江の名前。美しく広がるサンドビーチ「マキヤーベイ」と対照的なアイラ島の海岸線です。

サナイグは、アイラ島のピートをたっぷりと炊き込んだフェノール値50ppmの麦芽を使用した、ヘビーピーテッドタイプのシングルモルトで、バーボンの特色を多くとらえたフラグシップの「マキヤーベイ」とは対照的に、オロロソシェリー樽の特徴を色濃く反映しています。
色は程よく赤みを帯びたビーチウッド。香りはオレンジマーマレード、塩キャラメル、ピート、焼きパイナップル、バニラ。味わいはなめらかなトフィー、チョコレート、カラメリゼしたオレンジピール、モルティな甘さの後に、キルホーマンらしいヘビーなピートスモークが広がります。

全く感じないです。
感じるのは最後の一文

キルホーマンらしいヘビーなピートスモークが広がります。

だけ。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません