放っておけない女/スプリングバンク 10年

好きだからと言ってめったに飲まないものもある。めったに飲めなかったのだ。けれど最近ようやく流通も価格も少し安定し、よくみかけるようになってきた。過去に紹介したものであるが、ご無沙汰しております。

[st-card id=464 ]

ニューラベルになってこの10年のスタンダードがなかなか拝めない時期があった。人気もある蒸留所のスタンダードなのにこれでいいんかいという状況、価格もバラバラだった。

散策ついでに何本か買い集めてはいたが、3000円くらいの開きがあったと記憶している。ニューラベルになって見た目はイマイチだけど、味は明らかにこっちの方が好みで、よくいくバーのスプリングバンクがひっそりとこっちに変わっていたので久しぶりに飲んでみた。

やっぱりスプリングバンク、独特の香りと甘味と塩味、このニューラベルの10年は以前のものよりフルーティーで優しい。お店の人もモルトにチャレンジしてみたいという女性がいたらこれを薦めると言っていた。うーん、個性は強いけどいいかもね、香りと甘味が清々しいから。

その後、他を飲んでもやっぱりスプリングバンクの個性というのはしっかりしていて、印象は薄れない。最初に飲んでおいてよかったな、となるのだった。

そんなスプリングバンクに想いを馳せる・・・

これのレアなやつが欲しいんだけど、あまりに高く、あまりにレアでなかなか買えない、もう無理だろう。例え出会ったとしても、そんな価格では飲めないでしょな次元にまで行ってしまいました。元は諭吉さんで足りたものを・・・

時々みる酒店のサイトやオークションではいつもスプリングバンクから眺めていますが、たしかにファンが多く、キャンベルタウンを象徴する立派な地位を確立している大御所ですが、今大丈夫なんでしょうか?極端な樽不足なんでしょうか?

だって他と違ってあまりに新作リリースやラインナップが少ない、流通が大人しい気がするよ。蒸留所というのは売れた、売れないだけじゃないく、様々な理由で閉鎖、再開などを繰り返しているが、元はそんなに大規模でないスプリングバンク、ここ最近ずっと大人しい気がして心配です。だから益々既にあるモノは人気なわけだが、バー等でも扱いにくい存在なんじゃないかな。

本当は大好きだけど、あまりに自己主張せず、暗くて静かなので、忘れそうでもあり放っておけない女なのでした。

スプリングバンク10年はキャンベルタウンで唯一安定したウイスキーづくりを行っているスプリングバンク蒸溜所の基幹商品です。ウイスキー愛好家の間では『モルトの香水』と称されるほど香り高く、港町に位置する蒸溜所という独特の熟成環境から『塩辛い(Briny)』味わいを帯びるなど、最も個性的な香味のシングルモルトのひとつとして知られています。

テイスティングコメント
色:秋の黄金色。
香り:洋ナシ、バニラ、麦芽、かすかなピート。
味:麦芽、ぴりっとした塩気、シナモン、ナツメグ、バニラエッセンス、オーク材。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません