ラストサムライ最後の看護婦/ラフロイグ 10年 オフィシャル カスクストレングス バッチ:002

こちら注文したものでなく、ラスト1ショット弱だからといただいたものです。それまで、スプリングバンク→エドラダワー→ダルモアと飲んでおり、最近になく体調も良かったのでその味わいの違いがものすごくよくわかるひと時でした。

全部、全然個性が違うなぁ。

そしてこのラフロイグもそんなに古いものではないでしょうが、今のと違う。ラフロイグ(10年の今のスタンダード)よりラフロイグらしいというべき、パワフルでリッチな素晴らしいラフロイグでした。

痛いほど強烈にラフロイグであり、ピートのノリも、麦感も樽の風味も濃厚で力強く、余韻も続く。今のラフロイグは白亜の病院と例えていましたが、こっちは警察病院のようです。(知らないけど)

これ、これだよ、これがラフロイグの強烈な個性だよねと万人に納得してもらえるパンチ力でした。最後の一滴になっても、こんなにパワフルに広がるんだな。

大好きな銘柄ではないのだが、ここまで強烈だと、この個性は素晴らしいよ、すげえよといいたくなります。

最高でした。

最近ずっと体調悪く、悪くといってもそれが当たり前かの如く、この歳だとこんなもんなのかなと過ごしていました。ダルく、身体が重く、眠い感じ・・・

それが、昨日突如改善されました。気分爽快、身体が軽くスキップしてしまうほどです。20代に戻ったかのよう。一体、体に何が起きたんだろう?ラフロイグを飲んだせいではありません。飲む前から体調がよかったから。

もう物欲など何もないからせめて好きな食事(おつまみ、おやつ)だけでも贅沢しようと、アマゾンで高級梅干しと高級スルメイカを買って食べたのがよかったのかなぁ。

謎すぎる・・・

今日も体調はいい感じです。

皆さんも、中年であれば似たり寄ったりだとおもうので、大人のおやつ、贅沢してみてください。体調が激変するかもしれません。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません