変わって欲しくない女/竹鶴17年

我が地方都市のオーセンティックではないバーではいよいよレアなスコッチを飲むのは難しくなってきたので、これでいいやなジャパニーズ。
これも終売でしょうか?

味覚音痴なだけですが、ジャパニーズだと特にシングルモルトでなくブレンデッドでいいやという印象で、その中でも一番好きなのが竹鶴でしょうか。

[st-card id=1031 ]

大人気のイチローさんでも未だ感動の美酒に出会ったことはありません。
山崎や白州はかつてカラオケボックスやスナックで飲んでいたイメージがあるので、今さらそんなに高級という印象がありません。

竹鶴17年、こちらは17年という年季でもかつてはお手頃な価格であったそうで
その価格でこの風味ならコスパ最高です。

スコッチのニュアンスとは少し違うのですが、実にクリアで丁寧に作られているなぁという風格ある味わいなのです。

甘すぎず、苦すぎず、上品なシェリーっぽい甘さも少し醸し出す・・・
台湾のカバランとかにも感じますが、よりストレートにグッと心を掴む分かりやすく皆が好むであろう嗜好に作るのが実に上手いと感じます。

他に目ぼしいものがないならこの竹鶴を常飲して、何か面白いものにたまに浮気するんでもいいんじゃないかというくらい素晴らしいです。

だから本場のスコッチよりもジャパニーズを好むおじさん、日本人が多いのかな。
これに慣れると本場シングルモルトは個性が強すぎです。

日本のウィスキーがほとんど終売、NAや高級路線に変えて新たな販売戦略に出ていきそうですが、良いものはそのままに、適度な価格で、決して品質を変えずに続けていって欲しいものです。

うわ、クソ真面目な記事になった。
ジャパニーズを飲むと優等生発言しかできなくなってしまう。

あっお隣の駅にはあったな、まだおーせんちっくじゃなくてモルトが充実した店・・・
次はあそこに行こうかな。電車に乗りたくないけど・・・

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません