なぜか傍にいる女/キルホーマン2012 ソーテルヌカスクフィニッシュ

こちらもかなり前に飲んだものですが、スマホに写真があったので思い出して残しておきます。

[st-card id=1244 ]

これを飲んで、キルホーマンもかなり滑らかに、甘く、深い味になったなぁとおもいまして、こちらは廉価で提供したので、あの感動をもう一度といただいてみました。

けれどやっぱり、ビンビンピートのいつものキルホーマンで、ソーテルヌだとか果実感、ハチミツ感は2の次
私の鈍い舌ではよくわかりませんでした。

ヤングアイラでピートビンビンのモルトではいつも感じるものです。
ラインナップはめちゃくちゃ多いし飲み比べをすれば、その違いはなんとなくわかりますが、やっぱり、私にとってのキルホーマンはいつも同じやなぁ。

どっちかというと今となっては苦手です。
が、なぜか身近でよく飲んでいます。

そして、またお前かぁ

となるのです。

あと10年、いや3年でもいいから、待っていれば、美熟女に化けるのでしょうか・・・

あっ、確かにピートビンビン、アルコール刺激カッカしてますが、キルホーマンの中では甘いですかな。

キルホーマン2012 ソーテルヌカスクフィニッシュはアイラ島産ピートをたっぷりと焚き込んだフェノール値50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用。1Stフィルバーボンバレルで約5年熟成した後、世界三大貴腐ワインとして知られるソーテルヌワインの空き樽にて8か月間追熟し、シングルカスク、カスクストレングスでボトリング。
色はゴールデンアンバー。香りはキルホーマンらしい力強いピートスモークのレイヤーの奥から夏みかん、バニラ、蜂蜜、潮風が広がります。
味わいはソーテルヌワイン樽ならではの塩気を伴った芳醇な蜂蜜の甘みにピートスモークが混ざり合い、バニラや麦芽、オレンジ、ネクタリンが顔を覗かせ、フィニッシュに再び広がる蜂蜜が心地よい余韻となり長く続きます。
キルホーマンのスモーキーなフレーバーとソーテルヌワイン樽由来の甘美な味わいが見事に溶け合ったキルホーマンのシングルカスクです。

テイスティングコメント
色 :ゴールデンアンバー
香り:ピートスモーク、夏みかん、バニラ、蜂蜜、ゴールデンレーズン、潮風、ビスケット
味 :蜂蜜、塩、ピートスモーク、バニラ、モルト、オレンジ、ネクタリン

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません