順序が逆になってしまいましたが、カリラより先にこっちをいただきました。

人気のアイランズ系では1,2を争う地味な印象のマル島、トバモリー蒸留所のピーテッドもの。でも、リゾート地としてはなかなか賑やかな島だそうです。

ウィスキー検定では地図があってマル島はどこか、なんて問題もありました。イヤらしいぜ。

歴史は古く1778年、ビールの醸造所として建てられ、その後ウィスキーの蒸留所に生まれ変わった、スコットランドでも最も古い蒸留所のひとつであるそうだ。

アイラのモルトばかりが人気で、その影響もあって、ピートの効いたアードモアやこのレダイグの需要が高まってきたそうだ。いただいたこのレダイグがどうかはわからないが、ちょっと待て、これはほとんどアイラと変わらないよ。

ピート焚きした大麦はアイラのポートエレンから仕入れ、トバモリー蒸留所で作られたスピリッツはそのほとんどがスコットランド本土(ディーンストン)に移される。そして熟成を完成させるためにブナハーブンへ運ばれる。

と書かれている。

最初と最後がアイラなのだ、ただごく一部だけはマル島に残されるそうですが・・・
これは、ボトラーなので、ゴードン&マクファイルが自分の熟成庫で寝かせたものでしょう。

内容はというと、その次に飲んだ、カリラよりアイラらしいというか、テイスティングではアイラでしょと言ってしまうだろうピートのノリ。スモーキーにしてパワフルなものでした。

どこかの記事では

香は濃厚でパワフルなシェリー、薬品 消毒液 包帯、湿った土 腐葉土 ミント、爽やかな柑橘
味わいは力強く強烈なアタックで、深いシェリーの旨味や牡蛎、バーべキューの肉 醤油、雑味なく旨い!
余韻はとても長くヨードが消えない

と書かれていましたが、うーん、どうも、ピーテッドものにシェリーは感じないのが私の鈍さです。本当に美味いのかというモノの例えですが、これが官能表現というのだろうか、とても無理だ。包帯のような、それでいて柑橘系で、ピートのノリも余韻も強く、美味いのは確かに・・・です。

しかし本当に、ジュラのピーテッドやレダイグは私の舌ではアイラと変わりありません。こっちのピートには凝ってみようかな。

いくつか飲んだレダイグは、どれもが、パワフルで飲みごたえがあり、味に深みもあり、何かパンチの強いものが欲しい時にはピッタリかもしれません。それでいて、アードベッグやラフロイグほどのくせはありません。

どこか、ハイランドっぽいニュートラルさも感じます。

色んなレダイグ、飲み比べしてみたい。
これは、島の女でありつつも、様々な土地でキャリアを積んだ、洗練されたヒトですな。田舎くさくないもん。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY 柏蒸留酒販売

バー営業だめっていうからシングルモルトの酒屋としてやってく

コメント

コメントはまだありません