人生はコメディ/カナダハウス

俺にカナディアンをくれ!ウィスキー検定でいっぱい間違えたのでリベンジで飲みました。いえ、面白いのがあるというのでいただきました。

このカナダハウスはもう売られていません。もはやほとんど存在もしていないでしょう。1979年の名酒辞典には載っていますが、1980年代の本からは消えているそうです。なので写真も含め、貴重なものになるでしょう。

カナディアンはCCを昔よく飲んでいましたが、ライトなのでスコッチマニアとなってからは離れていました。このカナダハウスも色も味わいもライトですが、香りがいいです。

青りんごのようなピーチのような華やかで気品のある香り、そして余韻も結構長く続きます。これは、あと何かを足せば立派でゴージャスなスコッチに化けるなぁ、いや、個性的なモルトウィスキーといってもわからんぞ。

香りも味も弱い印象のカナディアンにあって、とてもフルーティーで愛らしい透き通った味わいの素晴らしい古酒でした。

このカナダハウスというベタな名前は、幾つかの原案の中からカナダ市民にインタビューした結果、選ばれたのだそうです。

昔、近所のスーパーが酒専門店を出すというので店名を公募していました。選ばれたら3万円くらいの賞金を出すというので、当時小学生だった私は空っぽの頭でクールな名前を色々考えて応募しましたが、落選。

決まった名前は

「リカーワールド」

これは詐欺なんじゃないか、誰が当選したんだろう?
それ以来、人生を真面目に考えて生きるのを辞めました。
こんな他愛もない出来事が人生を形成する・・・

人生はコメディ

これが私の生き様です。

どんな逆境に立たされても「人生はコメディ」とおもえば乗り越えられます。

一目惚れしたけど、もう二度と会うことのない女、それはカナダ人だったのでした。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません