雑記 ハイランド

ダンスパートナーな女/タリバーディン 225 ソーテルヌ・カスク・フィニッシュ

投稿日:

ここも検定に出てきたな、今のモルトブームが続くなら、このハイランドの女王と言われる?タリバーディンは人気になっていくだろう。

とは私の意見ではなく、店主の話ですが、同感です。コストパフォーマンスに優れ、女性にも人気を博しそうな大変美味しいウィスキーです。

タリバーディンには幾多の歴史があり、閉鎖、廃業の危機に瀕していた時期もあるが、2011年にブルゴーニュのシャサーニュ・モンラッシェに本拠地を持つ著名な家族経営のワイン商「メゾン・ミッシェル・ピカール」に買収されてから息を吹き返したようだ。

ワイン商だけあって、いただいたこちらのタリバーディン 225 ソーテルヌ・カスク・フィニッシュは私が好きなウッドフィニッシュだ。元来ドギツクないスタンダード、タリバーディン・ソブリンを225リットルのソーテルヌのワイン樽で12ヵ月追加熟成したもの。

味わいはソフトでクリーミーで甘い。ふんわり優しいフルーティー、ハチミツのようなパイナップルのような甘味だが、ライトボディなのでとてもさっぱりしています。

ウッドフィニッシュはどうも、アイラやスぺイサイドの個性が強いものより、ハイランド系のシンプルなモルトが合う気がする。アタックが弱いので、力強さは全然ないが、いつまでもずっと飲んでいたい、そんな飽きない上品なソーテルヌフィニッシュのタリバーディンでした。

火垂るの墓/タリバーディン ザ・マレイ

この日最後にいただいたもの、タリバーディンは横浜の最果て店主のお店で飲んだ記憶があるが味の記憶がなかった。同じものではないだろう。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwi ...

こちらは、バーボン樽熟成のカスクストレングス&ノンチルフィルターとの事で、ずっとパワフルですが、それでも上品で甘く、とても美味しい、個性のない高級品よりも飲みごたえがあり素晴らしいものでした。

タリバーディンやグレンゴインはイマイチ今はノーマーク、不人気な気がしますが、相当いい線いってます。モルト人気がホンモノで、ホンモノがわかる舌になれば、目覚めれば、きっとその実力、コストパフォーマンスがわかってくるでしょう。

素晴らしき経営者と出会って生まれ変わったという意味をこめて
かつての想い出の競走馬・・・じゃなくて・・・ダンスパートナーというお題にしとく。

1994年から操業を停止していましたが2003年に4人のプライベートメンバーが蒸留所と保有する樽を買収し操業を再開。1stフィルバーボン樽で熟成させた“タリバーディン・ソブリン"と同じ原酒を、225リットルのCH.スデュイローのソーテルヌ・ワイン樽で12ヵ月間の後熟。

2013年になると、タリバーディンはポートフォリオを見直し、パッケージとラインナップも大胆に一新した。それまで「エイジドオーク」の名で呼ばれていた定番シングルモルトは「ソブリン」となり、以前のビンテージは、20年と25年のボトリングに切り替えられた。

国際営業部長のジェームズ・ロバートソン
「現在、コアなフィニッシュは3種類あります。『225ソーテルヌ』は「シャトー・シュデュイロー」を熟成したカスクでフィニッシュしたもの。『228ブルゴーニュ』は「シャトー・ド・シャサーニュ・モンラッシェ」のカスクで、『500シェリー』は主にペドロヒメネスのシェリーカスクでフィニッシュしました。名称の数字は、12ヶ月間にわたってウイスキーをねかせるカスクの容量(リッター数)を示しています」

ブルゴーニュとの結婚で、他の蒸溜所が真似のできないユニークなフレーバーを獲得したタリバーディン。この価値を消費者に伝えるのは新しいブランディング手法だ。

「かつてのタリバーディンは、罪深いことに相場よりもかなり安値でウイスキーを売っていました。ブランディングを見直すことで、ビンテージも熟成年数に相応しい価格に設定し直すことができたのです。6種類のウイスキーでタリバーディンのコアなバリエーションを定義し、それぞれが明確な特徴を持っているので、消費者も『マイブランド』だと感じやすくなっているはず。これが新しいファンにも、昔ながらのファンにも有効なのです」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
イップマン

イップマン

ある店の店主と客に書いてもらうはずのブログでしたが、諸事情あり今は客であった自分の備忘録となる。俺のスコッチを飲みに来てくれ!

感動の美酒

1

みなさんボトラーズをどうお考えですか?とても貴重な樽、長期熟成でも比較的廉価で、オフィシャルじゃ買えない素晴らしいラインナップで、独自のアレンジもあったりして、とてもうれしいありがたい存在なんですが、 ...

2

このシリーズは通常ヨーロッパ内のみの販売でカスクストレングス、無着色、ノンフィルターのそのままの味わいが楽しめるシリーズ。そしてアイラの人気蒸留所「ブルイックラディ」の22年物 この記事が気に入ったら ...

3

皆が大好きな著名な蒸留所の長熟系はクソ高いけれど、そうじゃないところであればわりとお手頃。ライバルも少ないよとは、どっかで書いた気がするが・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイ ...

4

「中庸」という言葉を知っていますか?私も最近教えてもらったのですが、意味としては「かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。」 この記事が気に入ったらいいね ! しようシ ...

5

アランばかり置いてる店で色々なアランを飲んできたが、少しお高いのと、20年オーバーは大体同じやろという気持ちがあり、今までスルーしてきましたが、もうそろそろ終わりそうだったので、なくなる前にいただいて ...

6

香港の27階にある魔境、b.a.r. Executive Barで最初にいただいたのがこちらです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow sc ...

7

ズバリこのシリーズを集めている。しかし旅は過酷。オークションで見かける機会もめっきり減った。ごくたまに出てくるが、許容範囲を超えて他者にポンと落札されてしまう。その値段では美味しくいただけない。 この ...

8

常連化しそうなバーでいただいた気になる一本、久しぶりに溜息・・・何も言えねぇ、無言に襲われる美酒でございました。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Fo ...

9

昨日最初の一杯がこれでした。最初にして今の自分の好みと100%マッチョ、マッチしていました。何の文句もありません。パーフェクトです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTw ...

10

名前は知ってても飲んだことない~がたくさんあるこの世界。今回は猫で有名なこれを飲んでみましたが、同じものがネットにないなぁ。旧ボトルだろうな。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイー ...

11

2連投で同じスコッチになるけれど、忘れぬうちに書き留めておかねば・・・ 品揃えで横浜随一の信濃屋でも、ネットでも手に入らない・・・ そんな一本が庶民の町酒屋に隠れていたそうな~ ずっと気になっていたけ ...

-雑記, ハイランド

Copyright© 【俺にスコッチをくれ】ギブミースコッチ , 2019 All Rights Reserved.