雑記 スペイサイド ブレンデッド&ボトラー

もうひとりの名脇役/オスロスク 11年スペイサイドモルト 1989シングルカスク

投稿日:

やべぇ、本格的に味覚音痴です。こちら、前にいただいたシルバーシールにに本当によく似ているなぁ。J&Bの原酒で有名なオスロスクですが、これもブレンデッドメインだから自己主張しないのかなぁ。

名脇役時々主役な女/シルバーシール 16年

地元に戻り、いつものバーでいただいた一品です。 これを書くのは苦労するな、どこの蒸留所か不明なボトラーですが、大抵は画像検索などで探し当てることができるのですが、ない。 あんまり一生懸命調べてないから ...

こちらも先ほどのシルバーシールと年代が同じなのか、同じニュアンスを感じました。
しかしこちらはやや、コクがあり、より甘さが強めか、飲みごたえがあるように感じましたが余韻は短い。
感覚が鈍っているこのタイミングで似たものを続けて飲んだような気がします。

また、出直しで飲んでみよう、美味くないんじゃなく美味いです。飲みやすいです。しかし個性を拾いにくい。
これの個性を語るにはまだ甘ちゃんな私です。

だから、もうひとりの名脇役という事で今回は備忘録のみで締めさせていただきます。

まろやかでバランスのいい風味を放ち、それでいてしっかりとしたボディもある秀逸なスペイサイドモルト、それがこのオスロイスク(オスロスク)です。蒸留所は1974年に、ブレンデッドスコッチJ&Bの原酒確保、そして新たなシングルモルトを誕生させる目的で建設されました。スコッチの歴史を考えればまだ若い蒸留所なのですが、品評会では並みいる老舗蒸留所とも渡り合い、数多くの賞を受賞していることがオスロイスクの実力を証明しています。

このシングルモルトについてよく話題にされるのは、発音の難しさです。オスロイスクはAuchroiskと綴られ、ゲール語で“赤い流れを渡る浅瀬”を意味します。ゲール語の発音は英語的な感覚が通用しないことが多く、知らなければこれもオスロイスクとはちょっと読めませんよね。ウイスキー評論家だった故マイケル・ジャクソン氏も、「ch」を「ス」と発音するのはどうにもしっくりこないといったコメントを残しています。

オスロイスクという名前は特に外国人には覚えにくい言葉であるため、オフィシャルボトルにはかつては「ザ・シングルトン」という馴染みやすいブランド名がつけられていました。しかし、1997年にオーナー会社の吸収合併が行われ、それと同時にシングルトンというブランドはなくなってしまったのです(昨年、10年ぶりにシングルトンという名のウイスキーが復活しましたが、中身は別の蒸留所のシングルモルトが詰められています。)。今日オフィシャルボトルは、「花と動物シリーズ」から10年物が、そしてレアモルトシリーズから28年物がオスロイスクの名前で出されています。

蒸留所があるのは、クレイゲラキとキース(ともにウイスキー産業が盛んな町として有名)のちょうど中間に位置するマルベンという村です。仕込み等に用いられる水は、ドリーの井戸と呼ばれる泉とマルベン川から引いています。ドリーの井戸の水は良質な軟水として知られ、この井戸水の発見がこの地での蒸留所建設が決まった大きな理由のひとつだったとも言われていますね。

ザ・シングルトンとして華々しくデビューしたオスロイスクでしたが、今のオーナーのもとでは残念ながら不遇な扱いに甘んじています。しかしその実力は、他の有名蒸留所にも引けをとらない素晴らしいものです。出回っているボトルのほとんどはボトラーズものですので、仕上がりには多少のばらつきがあるでしょうが、ぜひ試して欲しいスペイサイドモルトのひとつです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
イップマン

イップマン

ある店の店主と客に書いてもらうはずのブログでしたが、諸事情あり今は客であった自分の備忘録となる。俺のスコッチを飲みに来てくれ!

感動の美酒

1

みなさんボトラーズをどうお考えですか?とても貴重な樽、長期熟成でも比較的廉価で、オフィシャルじゃ買えない素晴らしいラインナップで、独自のアレンジもあったりして、とてもうれしいありがたい存在なんですが、 ...

2

このシリーズは通常ヨーロッパ内のみの販売でカスクストレングス、無着色、ノンフィルターのそのままの味わいが楽しめるシリーズ。そしてアイラの人気蒸留所「ブルイックラディ」の22年物 この記事が気に入ったら ...

3

皆が大好きな著名な蒸留所の長熟系はクソ高いけれど、そうじゃないところであればわりとお手頃。ライバルも少ないよとは、どっかで書いた気がするが・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイ ...

4

「中庸」という言葉を知っていますか?私も最近教えてもらったのですが、意味としては「かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。」 この記事が気に入ったらいいね ! しようシ ...

5

アランばかり置いてる店で色々なアランを飲んできたが、少しお高いのと、20年オーバーは大体同じやろという気持ちがあり、今までスルーしてきましたが、もうそろそろ終わりそうだったので、なくなる前にいただいて ...

6

香港の27階にある魔境、b.a.r. Executive Barで最初にいただいたのがこちらです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow sc ...

7

ズバリこのシリーズを集めている。しかし旅は過酷。オークションで見かける機会もめっきり減った。ごくたまに出てくるが、許容範囲を超えて他者にポンと落札されてしまう。その値段では美味しくいただけない。 この ...

8

常連化しそうなバーでいただいた気になる一本、久しぶりに溜息・・・何も言えねぇ、無言に襲われる美酒でございました。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Fo ...

9

昨日最初の一杯がこれでした。最初にして今の自分の好みと100%マッチョ、マッチしていました。何の文句もありません。パーフェクトです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTw ...

10

名前は知ってても飲んだことない~がたくさんあるこの世界。今回は猫で有名なこれを飲んでみましたが、同じものがネットにないなぁ。旧ボトルだろうな。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイー ...

11

2連投で同じスコッチになるけれど、忘れぬうちに書き留めておかねば・・・ 品揃えで横浜随一の信濃屋でも、ネットでも手に入らない・・・ そんな一本が庶民の町酒屋に隠れていたそうな~ ずっと気になっていたけ ...

-雑記, スペイサイド, ブレンデッド&ボトラー

Copyright© 【俺にスコッチをくれ】ギブミースコッチ , 2019 All Rights Reserved.