ルネッサンスな女/キルホーマン 10年 1st 10年熟成

新興アイラのキルホーマンがついに10年熟成に達したとのことで、この限定品をいただいてきました。最初の頃はブワッと広がる刺激に、このキルホーマンがお気に入りでしたが、最近はマイルドなのが好みに変わってしまいましたが・・・

今、全てのスコッチで一番刺激的なのがキルホーマンだとおもいます。
蒸留所の歴史が浅いので、若い熟成ばかりだが、ホグスヘッドや様々な試みで個性的な仕上げをしてきた。種類が多すぎて、もう赤青黄色で判断が出来ない、赤くてもバーボンカスクもあればシェリーカスクもあり、ボトルを読み込まないとどんなキルホーマンなのかわかりません。

なんで刺激的かといえば、ピートとアルコールのノリがビンビンだからです。
このビンビン感は最近のアランとキルホーマンが飛びぬけている気がします。

今や好きなというより想い出のキルホーマンですが、初の10年熟成は

やっぱりフェノール値の高いピートとアイラの潮風がビンビンで強烈ですが、飲んでみるとまろやかで穏やか、元気な風味が随分と柔らかくなっています。そして、その柔らかさの中にピーチやバニラのような甘さ、優しさが加わり、嫌味のない爽やかで澄み渡る草原の風、素晴らしい熟成に達したんだなと感じさせてくれます。

意外や、キルホーマンなのに飲みやすいのです。ピートが主張してきません。

しかしそこはキルホーマンならでは、飲んだ後の余韻はキュイーンと強烈で長く長く胸の奥に刺さります。
やっぱり力強いです。

今まで様々な試みで短期間に色んなボトルを出してきたキルホーマン、大人になりました。
他の10年ものに比べると高すぎる気がしますが、キルホーマンが歩んだ10年と老舗の10年では中身が違うというか、加速度も違う。あっという間に子供が立派な大人になったような成熟感を感じます。しかも、かなり優秀な大人で、私が飲んだ10種類以上のキルホーマンの中で最高峰の出来と断言します。

アイラ大好き、ピートラブな人もそうでない人も満足する要素が詰まっています。
最初と最後の刺激は強く、飲み口はマイルドで優しい、素晴らしい10年熟成にまとまりました。

最近金メダルをとりまくった池江璃花子という水泳選手の所属がルネッサンスとの事でキルホーマンの革新的な歴史、歩みも込めてこのようなタイトルに命名します。いや、ただのおもいつき、考案時間5秒

日本市場向けとしては初となる10年熟成シングルカスク。アイラ島産ピートをたっぷりと焚き込んだフェノール値50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用し、1stフィルバーボンバレルで熟成。10年という節目を迎え、柔らかくなったピートスモークに塩気を帯びた海藻が加わり、ゆっくりとバニラや蜂蜜、スポンジケーキが広がります。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません