雑記 スペイサイド

あなたにそばにいてほしい/リンクウッド 12年 (花と動物シリーズ)

投稿日:

スマホをみたらバルヴェニーが最後じゃありませんでした。これを飲んでいたようです。こちらは横浜時代に最果て店主にいただきました。まだモルトが苦手だった頃からこれはイケました。

贅沢なお遊び UD社 花と動物シリーズ リンクウッド12年

一時期当店のバックバーは ひと枠 花と動物シリーズで埋まってました。 当時はかなり花と動物を売りにしてましたねー   なんたって このシリーズじゃないと、オフィシャルのシングルモルト出してないのあるら ...

最果て店主も書いているんだな、Googleで知りました。自分のブログ記事をGoogleではじめて知る、よくある事です。

この格調高きクラシカルなラベル、花と動物シリーズは間違えそうですがボトラーではなくUD社が出してるオフィシャルです。けれどリンクウッドはじめ、多くの花と動物シリーズがこれでしか見かけない。他にオフィシャルはない、ボトラーはあってもオフィシャルで飲めるのはこれだけというケースが多いです。

なので、これをしてリンクウッドのベーシックなのだと言っていいでしょう。

スぺイサイドにしてはかなりライトボディで飲みやすいのですが、しっかり上品なフローラルな香りと甘さを湛えており、ほのかにスパイシーでもあり、余韻も丁度いい具合に効いています。クセがすごいタイプと真逆です。私と同じでクラスの優等生、でもなければ問題児でもなく、とても扱いやすい、空気のような、だからこそ目立たず存在感の薄い生徒さん・・・なのです。

ストレートで飲んでも丁度良く、ハイボールにしてもその上品さは損なわれなく、誰にもお勧めできる飲みやすさがあります。個人的には「リンクウッド」という名前の響きも美しくて好きです。

しかし今となっては、今日も5杯目、いやラムを挟んだから6杯目としては印象が薄く物足りないと感じてしまいました。

酒は飲んだ歴史で好みも印象も変わっていくものです。

決してリンクウッドが好きじゃなくなったわけじゃないですが、個性豊かな色々なものを飲んだあとだとパンチが足りないだけですが・・・

それでも、もし自分がお店をやるならば、このリンクウッドをはじめ、花と動物シリーズは多めにラインナップしたい。このクラシカルなボトル、ラベルデザインは大好きですし、バックバーが美しく引き締まります。

横浜の最果て店主のおかげでかなり色々な”花動”を飲ませていただきましたが、どれも豊かな表情をしていました。それでもまだ未体験の”花動”はたくさんあって、一部激レア化しています。誰かローズバンクとカリラの”花動”を飲ませてください。

手に入らぬものではないですが、もう恐らく終売ですので今ある限りでしょう。いつか、財布がウハウハな日がくれば、この花と動物シリーズの収集を開始したいとおもう。

リンクウッドはモルトの初心者に飲んでみてもらえば好きになる可能性が高いですし、一巡りして戻ってきても安心できる、そっと寄り添う癒し系です。

なんかの本だか映画のタイトルにもなった言葉で締めたいとおもいます。

あなたにそばにいてほしい

淡い青春の味・・・
あぁ照れくさい。

1821年、スペイサイドのエルギン近郊でピーター・ブラウンにより創業されました。
第2次大戦中は閉鎖されていましたが、1945年ロデリック・マッケンジーにより再開されました。マッケンジー氏は、リンクウッドの伝統の味を守るために、環境の変化を嫌い、くもの巣さえも取り除くことを許さなかったと言う逸話が残っています。
また、毎年「白鳥」が飛来する池を有する美しい蒸留所として有名で、ラベルデザインにも「白鳥」が使われています。仕込水には、ミルビュイズ湖近くの泉の水を使用。甘くフレッシュな香り、まろやかでフルーティな味わいのなかに、かすかにスモーキーでドライな余韻が続くシングルモルトです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
イップマン

イップマン

ある店の店主と客に書いてもらうはずのブログでしたが、諸事情あり今は客であった自分の備忘録となる。俺のスコッチを飲みに来てくれ!

感動の美酒

1

みなさんボトラーズをどうお考えですか?とても貴重な樽、長期熟成でも比較的廉価で、オフィシャルじゃ買えない素晴らしいラインナップで、独自のアレンジもあったりして、とてもうれしいありがたい存在なんですが、 ...

2

このシリーズは通常ヨーロッパ内のみの販売でカスクストレングス、無着色、ノンフィルターのそのままの味わいが楽しめるシリーズ。そしてアイラの人気蒸留所「ブルイックラディ」の22年物 この記事が気に入ったら ...

3

皆が大好きな著名な蒸留所の長熟系はクソ高いけれど、そうじゃないところであればわりとお手頃。ライバルも少ないよとは、どっかで書いた気がするが・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイ ...

4

「中庸」という言葉を知っていますか?私も最近教えてもらったのですが、意味としては「かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。」 この記事が気に入ったらいいね ! しようシ ...

5

アランばかり置いてる店で色々なアランを飲んできたが、少しお高いのと、20年オーバーは大体同じやろという気持ちがあり、今までスルーしてきましたが、もうそろそろ終わりそうだったので、なくなる前にいただいて ...

6

香港の27階にある魔境、b.a.r. Executive Barで最初にいただいたのがこちらです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow sc ...

7

ズバリこのシリーズを集めている。しかし旅は過酷。オークションで見かける機会もめっきり減った。ごくたまに出てくるが、許容範囲を超えて他者にポンと落札されてしまう。その値段では美味しくいただけない。 この ...

8

常連化しそうなバーでいただいた気になる一本、久しぶりに溜息・・・何も言えねぇ、無言に襲われる美酒でございました。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Fo ...

9

昨日最初の一杯がこれでした。最初にして今の自分の好みと100%マッチョ、マッチしていました。何の文句もありません。パーフェクトです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTw ...

10

名前は知ってても飲んだことない~がたくさんあるこの世界。今回は猫で有名なこれを飲んでみましたが、同じものがネットにないなぁ。旧ボトルだろうな。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイー ...

11

2連投で同じスコッチになるけれど、忘れぬうちに書き留めておかねば・・・ 品揃えで横浜随一の信濃屋でも、ネットでも手に入らない・・・ そんな一本が庶民の町酒屋に隠れていたそうな~ ずっと気になっていたけ ...

-雑記, スペイサイド

Copyright© 【俺にスコッチをくれ】ギブミースコッチ , 2019 All Rights Reserved.