昔の女は美人揃い/デュワーズ ホワイトラベル 特級

この日はオールドブレンデッドばかりになっちゃいましたがそれを狙ったわけじゃなくただ目に入る場所にそれがあったからであります。酷暑続きで、しかめ面してシングルモルトをニートでたしなむ場合ではないのです。

が、きちんとストレートでいただきました。

デュワーズよ、お前もか、現行品と全く違う甘さです。古酒ならではのトロピカルな気品とアルコール刺激が抜けた飲みやすさが相まって、やっぱりブレンデッドの古酒はいいという結論しかありません。しかし余韻はあまり続きません。

デュワーズは主に主要原酒としてアバフェルディ、他にグレンオード、ロイヤルブラックラなどが使用されていると言われていますがこの時代も同じなのかな。そもそもアバフェルディがデュワーズの原酒のために作られた蒸留所なのでその根幹は変わっていないのだろう。

[st-card id=870 ]

アバフェルディはあまりのコスパの良さとスコッチを象徴するような味わいで、マイスタンダード化してますが、クラガンモアやグレンゴインなんかも今安くていい感じな印象です。いつまでこの幸せが続くかわかりませんが、そんな原酒と飲み比べながら、ブレンデッドとの違いを経験するのも楽しみのひとつです。

なんていいながら、昨晩はついにスコッチを一杯も飲みませんでした。お隣さんがラムを飲んでいたのでそちらに浮気、ラムはモルト以上に場所で味が違いますね。モルトと似たような楽しみ方ができますが、モルトのような酔いが来ず、結構いける口でした。

けど、あまりに種類が多すぎるので、俺にラムをくれ、はやりません。

好きなブレンデッドを決めるのもまた楽しいスコッチのたしなみ方になりそうですが、今と昔であまりに違うので、これというのが決まりません。

昔の女、美人揃いで決められへん。

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません