昔はよかったなんて言いたくないけど/ホワイトホース ファインオールド 1980年代 特級

ここまで暑いと飲むものも変わる。ブレンデッドは基本ハイボールかロックばかりなので厳密な比較はできないけど、違うなぁ。

写真に写っているどちらをいただいたかも定かではありません。ほろ酔いでした。しかし古酒のブレンデッドは旨いという先入観があるのでストレートでいただきました。

構成原酒がラガヴーリン、クライゲラヒ、グレンマレイ、どれが定かかわかりませんが、たしかにラガブーリンの滑らかさを感じます。マイルドで甘くてフルーティーです。やっぱりブレンデッドの古酒は旨い。

シングルモルトばかり飲まなくてもいいやとおもいます。
しかし、スモーキーさもパンチも弱くひたすらマイルドですから、アイラ好きには物足りないでしょう。

今のブレンデッドは前述のとおり、ストレートではめったに飲まないので、はっきり言いきれませんが、固く、香りも広がりがなく、アルコール刺激はあるが、華やかさがない気がするのはなぜなのか、いい原酒を使っていないのか、新しいが故だけの問題なのか、グレーンなどの混ぜ物比率が高すぎるのか謎であります。

こうも、昔はよかったと言われるばかりではいけないとおもいます。
今の方が技術も味覚も進化してしかるべきですぞ。

最近ホワイトホースのハイボールが缶でコンビニなんかに置かれるようになりました。
CMもバンバンやっています。

それを飲んだ人はサントリー角やトリスより全然上と言っていたのでうれしいことですが・・・

ということでしばらくブレンデッドが続きますが、お付き合いを・・・

著者について: yipman
香港の中国武術家。詠春拳葉問派宗師。

参加無料

Space ODDITY

バー(角打ち)のある多目的スペース

コメント

コメントはまだありません