ありがとう、さようなら/ブルイックラディ 1992 22年 ケイデンヘッド オーセンティックコレクション

私がブルイックラディを好きになったきっかけの感動の美酒、最初に開栓し、最後もいただきました。
もっと読む

ベルベットの女医/アイラボーイズ ベアレッグス アイラ シングルモルト

9月にウィスキー検定の一級があるそうで、そんなのスルーするつもりが最果て店主が受けるというので受けてみることにしました。2級でさえギリギリ合格でその後何も勉強してないから記念受験になるだろう。こういう新しいブランドも全く知らないし・・・

もっと読む

夏風邪に良薬を/ウィリアムソン 7年 バッチ3 ホグスヘッド / ブティックウイスキー

どこの蒸留所かは不明なボトラーものだが、ウィリアムソンという名前がラフロイグ蒸留所の以前の蒸留所長、ベッシー・ウィリアムソンの事なので一目瞭然。
もっと読む

小悪魔女子に酔いしれ/ボウモア インスパイアード デビルズカスク

久しぶりに駅の反対側、西口の古酒の名店を訪ねると半年ぶりですねと言われた。
そんなにご無沙汰だったのか・・・

すっかり東側の住人・・・
もっと読む

看護婦だってスーツ着る/ラフロイグ ロア

強烈な苦手意識からはじまったアイラモルトからスコットランドを巡り、スぺイサイドやハイランドに自分の居場所をみつけると、また再びアイラへと回帰するのはなぜだろう?よしスコッチ飲むぞとスイッチが入るのだ。だから最近はいつもアイラから飲み始める。(ことが多い)
もっと読む

ファッションと中毒な女/キルホーマン サナイグ

ありふれたオフィシャルスタンダードだけど、これに絞って書いたものはないとおもうので記録。キルホーマンの中ではマキャーベイに変わり一番のスタンダードに定着するのではないかと言われるほどの定番です。定番なのに紫とは珍しいですが。

もっと読む

ラストサムライ最後の看護婦/ラフロイグ 10年 オフィシャル カスクストレングス バッチ:002

こちら注文したものでなく、ラスト1ショット弱だからといただいたものです。それまで、スプリングバンク→エドラダワー→ダルモアと飲んでおり、最近になく体調も良かったのでその味わいの違いがものすごくよくわかるひと時でした。
もっと読む

本気を出した女/ブルイックラディ 1992 22年 ケイデンヘッド オーセンティックコレクション

このシリーズは通常ヨーロッパ内のみの販売でカスクストレングス、無着色、ノンフィルターのそのままの味わいが楽しめるシリーズ。そしてアイラの人気蒸留所「ブルイックラディ」の22年物
もっと読む

その女、名前だけで合格につき/カリラ11年 ゴードンマクファイル カスクストレングス

イップマンがカリラを語るのは珍しい。けどよく飲むモルトです。カリラはカリラでも色んなのがあるんでその個性を表現しにくいのだろうか
もっと読む

ルネッサンスな女/キルホーマン 10年 1st 10年熟成

新興アイラのキルホーマンがついに10年熟成に達したとのことで、この限定品をいただいてきました。最初の頃はブワッと広がる刺激に、このキルホーマンがお気に入りでしたが、最近はマイルドなのが好みに変わってしまいましたが・・・
もっと読む

気の置けない女/シングルカスク・エクスクルーシヴ アイラ シングルモルト

これもネットで詳細がわからないなぁ。
シークレットアイラなのかもしれませんが、店主ははっきりとブナハーブンのヘビーピーテッドものだと申しておりました。
もっと読む

原点回帰・いつか会う女/ボウモア12年

近くて気軽で安い、自分にとって一番楽なバーにはモルトがない。もとい少ない・・・でもって最近はラムロックなどをいただく事が多い。俺にラムをくれをやっておけばよかったかなとおもえるほど種類が多く、味も違い覚えきれません。
もっと読む

幻の女/キルノートン クーパーズチョイス

地方都市発ですが最果て店主のつぶやきではなくなってしまったので、タイトルを変えました。「ウィスキーとは女である」ヘザーやらトフィーやら、ましてや無花果の甘露煮とか発泡スチロールとか段ボールと例えられても、欲してないし好きでもない、教科書のような解説はできないですもん、この酒は男や、女や、というアホな事しか浮かびませんしね。
もっと読む